集団左遷2話

集団左遷2話を見ました。

前回では羽田支店にお客をとられてしまったわけですが… 今回も最初はお客を前回同様に羽田支店にとられるハメに… 

しかも、その手口は金利うぃ引き下げて奪い取るという強引で悪質なもの。 こんなことやられてしまったら、太刀打ちなんてできないですよね…

私ならこんなことをされてしまったら、諦めてしまいますが… 主人公である片岡支店長は決してあきらめません。

再びお客を取り返そうと頑張ります。 具体的にいうと、町田エネラルの社長の長年の夢であった太陽光事業をするのに適した土地を探してあげることに… しかし、このような土地はとても珍しく、なかなか見つからない…

でも、片岡支店長は決してあきらめません! 歩いて歩いて歩きまくって、とにかく土地を探し歩きます。でも、やはり見つかりません…

しかし、諦めかけていると、一人のおばあさんに出会う。幸運なことに、そのおばあさんは条件にあった土地を持っており、しかも余っているという…

ついに太陽光事業に適した土地を見つけた片岡支店長たちは、町田エネルにその土地の情報を紙に丁寧にまとめて渡す。

それに感動した町田エネラルの社長は、融資先を羽田支店から蒲田支店に戻すことに。 こうしてお客を取り戻すことに成功した片岡支店長ら蒲田支店であった…

「今回も羽田支店にお客をとられてしまうのではないか…」と思っていましたが、最初は予想通り盗られてしまいましたが、最後にはなんとか取り戻すことができました。

また、だんだんと片岡支店長と従業員の間の距離が縮まっていっている感じがしていて、片岡支店長はホントによかったですね!

しかし、とはいっても、目標金額にはまだほど遠いです。ですから、この調子でどんどん突き進んでいってほしいですね!

あと、最後に横山が羽田支店に登場。まさかの登場に片岡支店長は固まってしまう。 これで2話終了、次回3話はどうなるんでしょうか? 非常に楽しみです!